読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほくろもーるの日記

飽き性で、1年以上同じ会社で働いたことがありません。本業とは別の複業を模索していくブログ。

月収をあげる努力をするなら、フィリピンに移住するわ

しごと・はらたくこと

フィリピンでは、大卒の初任給は月2万円らしいですね。対して、日本の場合は20万円ほどだと思います。

単純計算して、10倍ほど給料に差が出ていることになりますね。

また大学教授や英語教師になると、5万円ほどになるみたいです。それでも4倍も違います。

www.cebupia.com

pare-ko.com

では仮に、フィリピンにいたまま、日本から給料をもらえる仕組みを作ったらどうでしょう?

つまりフィリピンに住みながら、リモートで日本の会社で働けるようにすると、日本の初任給の給与水準のまま、フィリピンではかなり優雅な暮らしができるということになります(理屈では)。

これってめちゃくちゃ最高だと思いませんか?

日本の組織では、年功序列はまだまだなくなっていません。成果主義は日本人の性格には合っておらず、年齢が上がらないと給料があがりません。

そして給料を上げるために、毎日毎日働くことになります。結婚したら、月30万はないと大変でしょう。子供が生まれたら・・・と考えるとぞくぞくしますね。

物価が低い国に住むことが解決になるわけではありませんが、こういった柔軟なライフスタイルだってあるわけです。

新卒の給料のまま、働く仕組みだけ変えてしまって、違う国で優雅に暮らす。これなら別に給料を30万とか50万とかにあげなくなって、十分満足に生きていけるのではないでしょうか?

さらに、日本以外の国に住むことによって、それ自体が1つの強み・独自性になるわけです。それをネタにしてブログ書いたりすれば、たぶん月収だって普通に増えていくでしょう。

つまり、「日本にいること自体」が個人のコモディティ化につながっていることを忘れてはいけないってことですね。

といいつつぼくは日本に住んでいるわけですけれど(笑)、結婚しているんで、そこが難しいんですよね。

もしぼくが独身かつ、フリーのエンジニアだったら、もうすでに間違いなく東南アジアに住んでますね〜。