読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほくろもーるの日記

飽き性で、1年以上同じ会社で働いたことがありません。本業とは別の複業を模索していくブログ。

まだクラウドファンディング使ったことないの?

こんにちは、ほくろもーる(通称ほくもー)です。

ぼくはインターネット上で資金を集めることができる「クラウドファンディング」の仕事にも関わっています。

今は数百社以上も存在するクラウドファンディングサービスですが、本当に便利なサービスだなーって日々感じています。

だって、アイデアさえあれば、それに共感してくれる人から支援としてお金をいただけてしまうんですよ。インターネットがなければ、絶対にありえないお金の流れですよね。

でも、クラウドファンディングはまだまだ認知が低いですよね。支援したことがある人も100人に1人いたらいいほうではないでしょうか?

もっとみんな使ったらいいのにと思います。企画者にならなくても、支援者としてお得だったりする支援得プロジェクトも、いっぱいあります。例えば新しいIoTデバイスが安く買えたりとかね。

今回は、クラウドファンディングについて少しでも興味を持ってもらうために、記事を書いてみました。

夢の実現のために、働いて貯金して・・・という時代はもはや終わった。

あなに何か夢があって、それを実現したいときに「会社で働いてコツコツ貯金して、やっと100万円たまったから、いよいよ夢の実現に向けて第一歩を踏み出すぞ!」なんていう時代はもはや終わりました。

これからは「こんな楽しいことやるぜ〜?みんなが支援してくれれば、実現できるから、支援してね!クラウドファンディングで支援してくれた人は、たくさんお得なことがあるよー」ってな感じで、不特定多数の人から少額(ときには大口で)支援を集めて、アイデア実現に必要な金額を集めることができるのです。

さらにクラウドファンディングの場合は、一般的な資金調達とは違って、お金があつまった段階で、支援してくれた人=ファンになるというオマケまでついてきちゃうわけですよ。

もちろん、先にアイデアを公開しなければいけないリスクもあります。けれども、これからの時代にウけるサービスというのは、みんなに共感されて使われるサービスであることが多いし、そういったサービスはみんなで作り上げていくようになってきます。

なので、公開したらリスクになるアイデアはそもそもビジネスにはなりにくいと思っています。というか、そういったアイデアクラウドファンディングでお金は集まりにくいかなーと。

一般的なクラウドファンディングの仕組みと資金調達の流れ

クラウドファンディングとは「アイデア実現のためにお金を集めたい人」と「アイデア実現のためにお金を出したい人」をつなげるプラットフォームです。

企画者側は、実現したいアイデアをそのために必要な金額をアピールしていきます。支援者側は、それに共感をすればお金を払います。お金を払えば、お得なリターン(ものやサービス)をゲットできたりします。

 

日本で一番有名なのは、いわゆる購入型のクラウドファンディングです。

購入型クラウドファンディングは、支援した人は何かしらのリターン(をゲットできるという意味で「購入型」と呼ばれています。お金を出せば、なにかがもらえる。つまりECサイトと同じような仕組みですね。

 

では支援金を渡せばすぐにリターンが手に入るか、というとそうではありません。クラウドファンディングの特徴として、All or Nothingという仕組みがあります。

これは、資金調達をしたい人が「集めたい金額」を設定し、一定の期間内に目標の金額に達しなかったらクラウドファンディング不成立となり、お金はすべて支援者に返金されるという仕組みです。もちろんリターンもゲットできません。

 

例えばあなたが「地元でカフェを開きたい!」として、自己資金に加えてあと100万円が必要だとします。

そういった場合、クラウドファンディングのサイト上でどんなカフェを開きたいのか、共感を呼ぶようなページを作ります。

そして、掲載期間と目標金額(100万円)を設定して、募集を開始します。

All or Nothingでは、掲載期間が終わるときに支援金の総額が100万円を満たしていなかったら、不成立となるのです。

All in という、支援したらすぐに決済されるシステムもあります。これは目標金額を満たさなくても、支援金が企画者側に支払われるという仕組みです。

クラウドファンディングはゲーム感覚で楽しめるから支援金が集まる

個人的にはAll inはあまり好きではありません。クラウドファンディングという思想には合致していないと思っています。

支援する側としては、掲載期間と目標金額と、All or Nothingという仕組みがあることで、

 

・お、このプロジェクト面白そうだな。。。あと3万円で達成らしい。よっしゃー俺が支援して達成させてあげるぜ!

・私が支援したプロジェクトはもう達成してるかな?ドキドキ

・達成した〜!お得なリターンが届くのが楽しみだ〜

 

といったようにゲーム感覚で人のアイデアや夢を応援できるのですが、これがAll inだと、なんとなくお金だけ持っていかれてしまうような、寂しいお金の流れが生まれてしまうんですよね。

達成しないと、お金が企画者に届かない。だから企画者は真剣にアイデアを練るし、そのアイデアを広めるための努力をしていくわけです。

達成したとき、その喜びは半端ないですし、支援してくれた人は、企画者の仲間であり応援者でもあります。All inだとその感覚は薄れてしまうでしょう。

だからこれからクラウドファンディングの企画者になる、もしくは支援者になる人は、まずはAll or Nothingを採用しているサービスを利用するのがオススメです。All inで中途半端にお金が集まっても意味ないですし、中途半端に支援をして、中途半端に仲間になっても何も価値は生まれません。

 

***

 

今後は、「このプロジェクトが支援得だよ!」とか、「クラウドファンディングの企画をするなら、この情報やノウハウを参考にすべし!」といったことも書いていけたらなーと思っています。

支援得のプロジェクトを見つけるのは普通に楽しそう・・! 

そして、クラウドファンディングを考えている方には、少なからずアドバイスができると思いますよ^^