ほくろもーるの日記

飽き性で、1年以上同じ会社で働いたことがありません。本業とは別の複業を模索していくブログ。

匿名ブログは、ただの逃げだった件について。

この記事をもって、ブログをはじめてから30日間継続することができました!

今までに1記事でも読んでくれた方には感謝しかありません。本当にありがとうございます!

実名ブログに少し疲れを感じたのをきっかけに、この匿名ブログをはじめてみました。

結論

「やっぱり実名がいい」

まとめ

いきなり結論から入ってしまい申し訳ありません(笑)

30日間ブログを書く中で感じていたことがあります。それは、

「いくら文章を書いたところで、その文章が匿名である限り満たされないということ」

でした。

イケダハヤトさんは池田とイケダを別物にし、イケダのほうをネット上のアバターとして捉えることで炎上が起きても大丈夫なように心構えをしているらしいです。とはいえ、彼は池田勇人さんです(笑)

Chikrinの日記でおなじみのちきりんさんも、実名公表や顔出しはしていませんが、彼女がだれかを知っている人は普通に知っているし、調べればすぐにわかります。

逆にほくもーの場合は、完全にどこの誰かわからないネット上の存在でしかありませんでした。

それがなんというか、あまりにも寂しかったんですよね。

やっぱりぼくはリアルな社会で生きていきたいし、ネットはリアルの上で成り立っているものだと考えています。

だからネット上だけで完結することに対して、すごく違和感があることに気づいたのです。

匿名ブログはただの現実逃避だということにも気づきました。

本当は、実名で情報発信することに疲れていたのではなくて、実名で意見をいうことを恐れていたってことです。

超情けないですよね・・・。

自分に自信がなくて、発言をするのにも周りの目やネット上の意見が気になってしまう。

どんな人も完璧ではなくて、死ぬまで成長途中なわけなので、それを素直に表現していけばいいだけなんですよね。

そのことから目をそらして、匿名で意見を言うことに逃げていたのです。

実名では完璧な姿しか見せたくないという、自分の弱さに気づいたのが、この30日間匿名ブログを継続して気づいたことです。

本当は20日目ぐらいで気づいてたんですけど、30日間は継続すると宣言したので、終わりの方では少し惰性で書いてしまいました。お許しください・・・。

ということでほくろもーるは、本日をもって匿名ブログから卒業しまっす!

いままで本当にありがとうございました〜!!

p.s. 現実逃避は英語で escapism というのが最後の学びでした。